ニコレットガムでは禁煙できない!
禁煙ができなくてどうしようか困っている男性

ニコチンを煙草の代わりに摂取できるニコレットガム、禁煙成功率は非常に少ないのです。

店内での禁煙や受動喫煙の問題とニコレットガム

飲食店などの店内などでは分煙化が進められているケースが多く、客席での喫煙が禁じられている店舗が多く在ります。
分煙化には2つの種類が有り、店内に禁煙席と喫煙席が設けられているケースと、店内は全面禁煙にしておいて、お店の一角に喫煙所のブースを設けていると言う2つになります。

これらは被喫煙者に対する受動喫煙を防止する目的の措置であり、今後も分煙化が進む事で全面禁煙となるお店も増えて行くことになるのです。
そもそも受動喫煙は社会問題にもなっているもので、喫煙者が吐き出した煙を吸い込む事で健康被害を受けるというものなのです。

煙草を吸わないのに、肺ガンになると言うのも問題視されており、1つの店内の中で喫煙席と禁煙席を設けたり、店内に喫煙所を設ける事で受動喫煙と言う問題解決に役立てられているわけです。

また、禁煙になっているのはお店などだけではなく、公的施設などにおいても敷地内を全面禁煙にしているケースが増えています。

海外に行く時の飛行機はかなり前から全席禁煙となっており、喫煙をする人にとっては長い時間煙草を我慢しなければならなくなります。
ヘビースモーカーなどの場合は、ニコレットガムを持参して、煙草を吸いたくなった時に利用する人もいます。

ニコレットガムは、煙草を吸いたくなった時に利用する事で、ガムに含まれているニコチン成分が体内に入り、これによりニコチン依存を引き下げてくれる効果を持ちます。

そのため、どうしても煙草を吸いたい時、その場所が禁煙である場合など、ニコレットガムを利用する事で煙草の代用としての役割も在るのです。
尚、ニコレットガムと言うのは禁煙補助剤としての役割が有り、煙草を止めたい人が利用する事で禁煙が可能になると言われているのです。